マッサージ時の痛みについては

顔をマッサージしていると、ちょっと痛いかも。

 

と思うこともあるかもしれません。

 

でも、この痛み、我慢していいものななか、悪いものなのかがよくわかりませんよね。

 

じつは、痛みの中にも種類があって「よい痛み」と「悪い痛み」があるのです。

 

では、「よい痛み」とはどういうものなのでしょうか。

 

マッサージをしていると、コリコリとした部分があって、鈍い痛みを感じたり、痛いような気持ちいいような感じがすることがあります。

 

この場合は、その部分が凝っているというサインなのです。

 

このような痛みをとるためには、毎日マッサージを続けることが大事です。

 

マッサージすることで、その部分のコリをほぐしたり、老廃物を流す手伝いになるので、少しづつ解消されていくからです。

 

一気にコリをほぐそうとして、力を入れすぎてマッサージすることは、お肌に悪いので、しないでください。

 

シミやしわ等の原因になってしまいます。

 

では、「悪いいたみ」とはどういうものなのでしょうか。

 

ジェルの量が少なすぎて、摩擦が起きてしまている場合や、上記のようにマッサージの力が強すぎる場合です。

 

よい痛み、悪い痛みを見極めて、毎日、程よいマッサージを続けて行きたいですね。

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ